ゲーム紹介

Slay the Spireをレビューしてみた -絶望と希望の間-

日没間近の海と船
にわさん
にわさん

なんか最近流行ってるゲームジャンルがあるらしいぞ!

そうなの?どんなジャンル?

ひよたん
ひよたん
にわさん
にわさん

ランダムで手に入るカードでデッキを作って、ダンジョンを進んでいくローグライクってやつらしい!

何それ、面白そう!

ひよたん
ひよたん

というわけで、この頃流行りのカードゲーム+ローグライクのゲーム

Slay the Spireを紹介します!

Slay the Spireの魅力って何?
  • 山札が循環するカードゲームで、デッキづくりが楽しい
  • ローグライクのランダム性で毎回何が手に入るか分からないのが楽しい
  • 試行錯誤を重ねるのに喜びを感じる
  • 悩んで試して、どうにもならない時の絶望感が次のプレイに繋がる

Slay the Spireってどんなゲーム?

3種類のキャラクターから1体を選び、決められた山札から足し引きを繰り返して強いデッキを作りながら3ステージ+αを攻略していくローグライク+カードゲームです。

山札が切れると捨て札をシャッフルしてまた山札を作るので、いかに必要ないカードを取らずに重要なカードを取って、山札を軽量化しつつ強いカードを使いまわすかが重要です。

Slay the Spireのシステムを詳しく教えて!MAP編

まずSlay the SpireではこのようなMAPを移動してボスの部屋を目指します。

Slay-the-SpireMAP画面

最初に一番下の敵のマスから一つ選び、線で繋がっているマスに移動できます。

まず、戦闘が発生するマスを詳しく説明します。
戦闘マスは勝つとカードをランダムな3枚の中から1枚入手できます。

・敵:通常の戦闘

・エリート:3種類の中ボスのような敵との戦闘(1対多数もあり)
 勝つとレリックが入手できる。

レリックはHPが半分以下の時戦闘に勝つとHPを12回復したりなど、能力を追加する装備です。

あればあるだけ有利になるので、エリートは余裕があるときは積極的に通ると良いです。

次に非戦闘マスの説明です。

  • 商人:お金でカード・ポーション・レリックの購入、カード削除ができる
  • 財宝:必ず通るようになっているマスで、レリックが入手できる。
  • 休憩:HP30%回復・カードのアップグレードができる
  • 未知:イベントマス。いろいろなイベントが起こる。

商人はお金があるときは積極的に通りたいマス。
カード削除は商人か未知でしかできません。

休憩はカードのアップグレードのために優先して通りたい。

未知はマイナスにしかならないイベントは殆どないので、狙ってもいい。

※非戦闘マスは有効なイベントも多いけど、非戦闘マスばっかり通っていると
戦力が増えないので、戦闘マスとのバランスを見て使いましょう。

Slay the Spireのシステムを教えて!戦闘編

とりあえず画面の説明からしますね。

slay-the-spire戦闘画面

戦闘はシンプルにエナジーを使い果たすまでカードを組み合わせて使い、敵のターンになると敵の頭の上に出ている行動をしてきます。

敵の行動は次の通り(敵の攻撃編)

  • 赤い剣と数字:数字と同じダメージの攻撃をしてくる。
  • 青い盾:ブロックをしてくる。
  • 青い炎:自分や味方の強化。

ちなみに盾や剣が青く燃えているアイコンは強化と攻撃・防御を同時にしてきます。

次に攻撃以外の行動です。

  • 緑のうずまき:状態異常攻撃(攻撃との組み合わせあり)
  • 紫のうずまき:複数の能力低下やユニークな状態異常攻撃。
  • 黄色い??:仲間を呼んだり、攻撃でも防御でもない行動。

紫のうずまきは危ないので注意。
黄色い??はその敵によって動きが違いますが、味方を呼ぶか強力な攻撃の前のチャージなどなことが多いです。

このゲームの戦闘はクリティカルや命中率など運要素はないので、ほぼ計算で決まります。

自分ができる行動は攻撃する・敵の攻撃を防ぐために防御をする・自分を強化するのどれかです。
カードゲームなのでドローしたりもできますが、ターン終了時に使わなかった手札は全部捨て札になります。

防御カードを使うとブロック(自分に青い盾の数字が出る)が溜まるのですが、その数字も次のターンにはなくなります。(例外あり)
決められたエナジーの中でどこまでブロックに使うか、どこまでのダメージを許容して攻撃をするか、など試行錯誤が楽しいゲームになっています。

Slay the Spireのキャラクターってどんなのがいるの?

次の3体のキャラクターが居ます。

  • アイアンクラッド
  • サイレント
  • ディフェクト

1体ずつ説明していきますね。

Slay the Spireのアイアンクラッドってどういうキャラクターなの?

キャラクター選択アイアンクラッド

仮面をつけたおっさん。
ブロックを永続化するカードを使ったブロックデッキか、筋力を上げて基礎値で敵を圧倒するデッキが強い。

カードを戦闘中出現させなくなる廃棄の能力を持っているカードも多いので、デッキ圧縮も得意。

Slay the Spireのサイレントはどういうキャラクターなの?

キャラクター選択サイレント

骸骨被ってるけど一応女性。
コスト0のナイフを生産して攻撃するナイフ形のデッキか、毒を駆使して戦う毒型のデッキが強め。

ナイフ型は必須レリックが多いけど、上手くはまるととんでもない手数で殴り続けられて楽しい。
カードをドローする能力と、捨てることで効果を発揮するカード辺りが特徴。

Slay the Spireのディフェクトってどういうキャラクターなの?

キャラクター選択ディフェクト

ロボット。

オーブっていう独自要素とパワーという自己強化をメインに扱うキャラクター。
オーブごとに戦略があり、他にも捨て札のコスト0のカードを手札に回収するカードもあるので、手数メインのデッキも組める。

オーブもパワーも数を集めたり使用して効果を発生させるものなので、戦闘の初速が遅め。
それなので最初から大きいダメージを出してくる敵が苦手。

Slay the Spireをやってみての感想

上手く敵の状態異常攻撃が重なったりしない限り出ている数値のやり取りなので、計算しながら遊ぶのがすごく楽しいです。

ただ思うようにデッキが組める状況はなかなかないので、苦しい状況での試行錯誤が続くのは好き嫌いが分れそう。
ただ、厳しい状況の中で状況が一変するようなカードを引いて事態が好転したりってこともあるので、結局は結果より過程をどう楽しむかっていうゲームなのかなって気がします。

実際私は300時間近くプレイしていますが、未だに飽きる気配はありません。
計算と試行錯誤、そして運に振り回されるのが大好きな人はぜひプレイしてみてくださいね!

にわさん
にわさん

……やっぱりどMか…

ローグライク+カードゲームが好きなら(ゲーム感想文)OverDungeon -インフレーションダンジョン-の記事もお勧めですよ!