ヘルスケア

コスパの良いプロテインはこちら -筋トレのお供にも栄養補給にも-

にわさん
にわさん

プロテインて今注目を浴びてるよなー

健康志向の人が増えたのか、今やコンビニでも取り扱っていない店がないほどの人気商品になったプロテイン。

あなたは買ったことありますか?

今は色々な味があって、食べる・飲むプロテインと種類も増えていますよね。

でも、プロテインって結構お金かからない?

ひよたん
ひよたん

そうですね…実際トレーニングのをしない日でもたんぱく質の摂取は重要になります。

毎日摂取するものだと思えばコスパは気になりますよね?

というわけで、自分の私見で選んだコスパの良いプロテインを3つ紹介していきます。

コスパの良いプロテインってどうやって選ぶの?

プロテインを購入する前に大事なことがあります。

プロテインをコスパで選ぶなら、粉のプロテイン一択です。

コンビニなどで売っているチョコレートバーやドリンクなどありますが、どれもたんぱく質の含有量と価格を見ると粉のものに勝っているものはありません。

…もしかしたらあるのかもしれませんが、私は知りません。

食べやすい、飲みやすいのはあるので一概に劣っているとは言えませんが、コスパという面で見ると選択肢には入りません。

じゃあコスパの良いプロテインってどんなの?

私の知る限りで一番コスパの良いプロテインはこちらです。

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】

キロ3000円以内で買えるのにたんぱく質20g以上になってるプロテインはこれ以外にないです。


まとめ買いの場合はHPから購入の方がいいですが、お試しで購入する場合送料がかかっちゃうのでamazonなどを利用した方がいいかもしれませんね。

コスパが良いプロテインを選ぶ理由

冒頭でも話した通り、プロテインは非トレーニング時でもたんぱく質摂取のために飲む必要性はあります。

それならばコスパが良い方がいいのは当たり前なのですが、一日どれくらいたんぱく質をとるべきなのでしょうか?

一日に必要なたんぱく質の量とは?

運動しない日でも体重1kgあたり最低0.65gくらいは摂取する必要があるようです。

もし運動する場合必要量は運動量によって結構幅がありますが、体重1kgあたり1.4~2.0gも必要になります。

もしハードに運動する人で体重が70キロだったら70×2gで140g!

ここまでくると食事で摂取するのは相当きつくなります。

少しでも運動するなら70×1.4で98gなので、運動を意識するならプロテインは必須といえるでしょう。

プロテインを飲むとき必要なものってあるの?

コスパは最高の粉末状のプロテインですが、唯一の弱点として粉末のままでは飲みづらいです。(最悪粉のままでも行く猛者もいるらしいですが、現実的ではないでしょう)

そして、コップに水を注いでマドラーで溶かすのも現実的ではないです…。
(実際にやったら溶けづらいしダマだらけになるしでひどい目に遭いました…)

というわけで、プロテイン用のシェイカーを併せて購入しておくのは必須です。

価格的にも安く、洗えば何度でも使えるのでこの際に揃えておくといいでしょう。

コスパが良いプロテインの選び方まとめ

ここまで読んで「粉のプロテインて美味しくないでしょう?」とおもったあなた。

プロテインも今は色々な種類があるんです。

こんな味があるの!?と言いたくなるほど多いので、覗いてみると楽しくなりますよ。

ぜひ美味しいプロテインを見つけて、筋トレをさらに楽しくしちゃいましょう!