ヘルスケア

水分補給におすすめな飲み物 -熱中症にならないために-

日没間近の海と船

これから暑くなる季節、あなたは水分補給をしてますか?

私たちの体は何もしなくても1日に約1200mlの水分を失っていきます。

にわさん
にわさん

え、何もしてないのにそんなに水分ってなくなるものなの!?

そう。だからこそ定期的な水分補給が大事になるのです。

今回の記事ではそんな水分補給について調べたことをまとめていこうと思います。

この記事を読むと何がわかるの?
  • 水分補給をするときのおすすめの飲み物がわかる
  • 水分補給の時飲んじゃいけない飲み物がわかる
  • 水分補給をするタイミングがわかる

水分補給するときにおすすめの飲み物ってなに?

特に暑い時期に気を付けなければいけないのですが、水分補給という観点でいえばカフェインが多く含まれている飲み物はNGです。(理由は後述)

それなので、麦茶や水などカフェインが含まれてないものがまず候補に挙がります。

あとは経口補水液とかもちょっと前流行りましたけど、水分補給に効果的ですね。

その他のおすすめ飲み物がこちら。

  • タンポポ茶
  • ルイボスティー
  • 黒豆茶
  • コーン茶
にわさん
にわさん

この辺は簡単に手に入るものではないから、麦茶か水が良いと覚えておけばいいかもなー。

あれ?水分補給の話なのにスポーツドリンクはおすすめじゃないの?

水分補給ならばスポーツドリンクが効果的!みたいな話はよくあるのですが、半分正解で半分間違いです。

スポーツドリンクはその名の通り、スポーツをする人が汗で出て行ってしまうミネラルやエネルギを素早く補給するために作られたものです。

運動もしないのにのどが渇いたからスポーツドリンク!と飲んでしまうとカロリーが多すぎるので太ります。

外回りなどで汗をかきすぎて水分補給が必要な時は、経口補水液がベストになります。

そこら辺のコンビニなどではなかなか買えないので、外回りが多い方などは家に備蓄しておくと安心かもしれません。

それじゃ水分補給におすすめできない飲み物って何なの?

大雑把に下記のようなものはおすすめできません。

  • カフェインを多く含むもの
  • アルコール
  • 糖質の多い飲み物

詳しく解説していきましょう。

カフェインを多く含むものはなんでダメなの?

カフェインには利尿作用があるので、補給した水分以上の量を尿として出してしまいます。

ただし、カフェイン自体には集中力を上げたり脳を活性化させたり、眠気を覚ましたりなど大きな効果があります。

水分補給には向きませんが、別の水分を補給する手段を用意して組み合わせれば大きな効果を発揮するので、全く飲まない方がいいという話ではないですよ。

アルコールってなんで…いや、知ってるけど。

そもそも水分補給にアルコール持ってくるやつなんて居ないだろっていうのはさておき。

アルコールも利尿作用があるので、水分補給に向かないのは同じく。

利尿作用があるのでちゃんと一緒に水を飲みましょうねっていうのと、糖質多めだっていうデメリットの部分はアルコールを飲むときよく覚えておいた方がよさそうです。

そしてアルコール自体お肌にも悪いので、あまり飲みすぎないようにしましょうね。

にわさん
にわさん

夏場とかに野外でビールを飲んだりするときに気を付けたい所だなー。

糖質の多い飲み物はなんでダメなの?

単純にジュースなど甘味料を多く使ってるものは血糖値を一気に上げてしまうので、頭痛やイライラのもとになったりして、体が疲れてしまいます。

ちなみに、これは運動をしないときにスポーツドリンクを飲んだ場合にも同じことが言えるでしょう。

そして、精製糖は体に炎症を起こしてしまうのでお肌や身体へのダメージも無視できません。

詳しくはこちらの記事で解説してます。
美肌を食事から作る -いつも食べてる?危ない3つの食材+α編-

水分補給におすすめな飲み物って何?まとめ

水分補給っていう観点のみでいえば水・経口補水液・麦茶が最高です。

あとは、カフェインが入っているものは水とセットで、運動量が多ければスポーツドリンクも視野に入るかなぁっていう感じですね。

これから暑くなってくる時期ですから、水分補給の手段を知っておくのは大切です。

特に炎天下の中で仕事しなきゃいけない方は死活問題ですよね。

ちゃんと水分をとって、今年の夏も元気に乗り切りましょう!