読書

(読書感想文)GIVE&TAKE -自分の胸に手を当ててよく考えよう-

言い争いをしている3人の男女

世の中には主に3タイプの人間が居ます。

与えるより多く受け取りたい人間、テイカー。

受け取るよりも多くを与えたい人間、ギバー。

そして、受け取った分だけ同じように与えたい人間、マッチャー。

さて、皆さんは誰が一番成功すると思いますか?(本のタイトルに書いてありますね)

その問いに答えを返してくれるのが今日紹介したいこちらの本。

GIVE&TAKE 「与える人」こそ成功する時代

著者:アダム・グラント

翻訳者:楠木 建

・どんな本なの?

ざっくり言えばギバー、テイカー、マッチャーの3種類の人間が居て、ギバーが一番成功しやすいからみんなギバーになろうぜっていうお話です。

でも、ギバーであれば他の2種類の人間より絶対に優れているかって言われたらそうではないんですね。

例えば成功っていう階段があったとして、一番上に居るのはギバーなんですけど、一番下に居るのも実はギバーなんです。

・3タイプって言ってるのに何なの?意味わかんないんだけど

そうですね、意味わからないですよね。

でも、全部 GIVE&TAKE に載ってるので安心して読んでくださいね。(にっこり)

・この本の何が面白いの?

過去に居た偉人達のやってきたことを挙げて、ギバーとテイカーで行動がこう違ってこうなるからギバーの方が成功を掴みやすい、テイカーはこういう部分で成功を逃すっていうのが解説されているので、まずは分かりやすいです。

そして、 GIVE&TAKE は何の根拠もない自己啓発本ではありません。

著者のアダム・グラントさんも組織心理学の研究者ですし、膨大な研究結果をもとに書かれているので、科学的根拠のある人と人との関わり方を書いた著書なのです。

自分が特に面白いと思ったのは、テイカーの人達はSNSや企業の年次報告書に使う写真にある特徴があるということ。

そう思って知っている会社の年次報告書などを覗いてみると、「あ、この人もしかして…」と勘ぐってしまいます笑

・みんなギバーになろうね、ハイ終了ってことでいい?

良くありません!

どんな本なの?の所に書いたように一番成功してるのもギバーなら失敗してるのもまたギバーなんです。

ではなぜ成功するギバーと失敗するギバーが居るの?

そのヒントは『自己犠牲』と『他社志向性』です。

それだけじゃ分かんないわ!という方。

GIVE&TAKE を読んでください。(身も蓋もないな…)

・まとめ

ギバーってなんで成功するの?とか。

テイカーって何がやばいの?とか。

マッチャーじゃダメなの?とか。

3タイプ居ると聞いただけでも色々なことを考えると思います。

でも、 GIVE&TAKE はどのタイプが優れていて、どのタイプじゃダメとかっていう単純な話を書いているんじゃないと思うんですよ。

GIVE&TAKE に書いてあるのは人と人との関わり方、そして各タイプに陥りがちな落とし穴があって、そこを上手く避ければ各タイプともに力を発揮できる場があるのだと思うのです。

人生をより良いものにするために、そして今度のお休みのひと時を過ごすための一冊に いかがですか?