読書

(読書感想文)億万長者の秘密をきみに教えよう! -誰でも変えられる!人生を変える思考-

本棚のe,d段のアップ
にわさん
にわさん

おまえら人生を変えたいかーーー!?

変えたいで―――す!

ひよたん
ひよたん

成功している人も思うように行かない人も、より良い人生になったらいいなって誰でも思ってますよね?

そんなより良い人生を目指すためにあなたの助けになる本が今回お勧めする こちらの著書 なのです。

億万長者の秘密を君に教えよう!

著者:ロジャー・ハミルトン

訳者:鳥居 祐一

そして、億万長者の秘密を君に教えよう!はKindle Unlimitedのサービスに加入すると月額980円で読み放題になる132万冊以上の著書の中の一冊です。

当ブログの➡こちらのページで詳しく紹介しています。

・どんな本なの?

にわさん
にわさん

ビジネス書って途中で飽きちゃうんだよなー。

こういう方も心配ありません。

億万長者の秘密をきみに教えよう! はビジネス書ではありますが、物語仕立てになっています。

物語を追う感じで読めるので、とても読みやすいですよ。

物語のはじめははこんな感じ!

この物語は9歳のリチャードという少年が主人公です。

とある町に住んでいるリチャードは動けなくなってしまったお父さんに『富の泉』で毎日水汲みをするよう頼まれました。

この町の住人は毎日『富の泉』で水汲みをするとお金持ちになれるというのを信じて毎日水汲みをしているのです。

「お父さんは毎日水汲みをしているのになんでうちは貧乏なんだろう」リチャードは考えながら『富の泉』への道を歩きます。

すると、分かれ道におばあさんが座っていました。

リチャードはおばあさんに『富の泉』に行く道を聞きます。

そして、その話の中でリチャードはおばあさんにお金持ちになる方法を聞くのです。

おばあさんは目を輝かせながらリチャードに覚悟を聞きます。

そして、覚悟を確かめるとおばあさんはお金持ちになった人の話を聞きなさいと言い、『富の泉』に行く道とは違う道をリチャードに教えるのでした。

おばあさんはなぜ『富の泉』とは違う道を教えるの?

それはまぁ…ちゃんと 億万長者の秘密をきみに教えよう! を読んでみれば分かりますよ!

にわさん
にわさん

そもそも『富の泉』なんて存在するの?お父さんはずっと貧乏なんでしょう?

町の人は水を汲んでるんだから泉はあるでしょう?
ということは…?

ひよたん
ひよたん

それ以上はダメーーー!!

・この本のどんなところが面白いの?

これからリチャードは何人かのお金持ちの人に会います。

そして、最初はお金持ちの人の話をよく分からず聞いているリチャードにも段々と変化が表れ始めます。

ノートとペン

おばあさんは道を教える前にリチャードに「学んだことをここに書きなさい、大切だと思ったことは何でも書くんだよ」と言い、ノートとペンを渡します。

このノートの書かれ方も 億万長者の秘密をきみに教えよう! の面白い所なのです。

リチャードの学んだことはこのノートにどんどん描かれていくのですが、絵が描かれるとき最初はものが一つだけで背景もない絵が描かれていきます。

例えばメガネならメガネ、水道なら水道が書かれます。

でも、物語中盤からこのノートの書かれ方もどんどん変わっていきます。

そして、物語を追うごとにこのリチャードという少年の考え方もどんどん変わっていくのです。

物語の裏の世界

そして、この物語には物語の裏で進行しているもう一つの物語があります。

どうせそれも内緒なんでしょー?

ひよたん
ひよたん

というよりも、正直私の中で自信をもって正しいと言える答えがありません。

というのも、この物語で一番重要な教えと、裏の世界で起こっていることに関しては著者が明確な正解を示していません。( 億万長者の秘密をきみに教えよう! の中以外のところで正解を示したことがあったりしたら、そこまでは知りませんが。)

にわさん
にわさん

なにそれ、未完成ってこと!?

違います。

この物語はリチャードが様々な人に教えを受けて、成長していくお話です。

そして、その教えは全ての人に役立つことであると言えます。

そして、その集大成としての一番大事な教えは、何度も何度も読むと自然と透けて見えてくるものなのです。

そして、それがこの物語の裏の世界であり、最後の教えの答えなのです。

もしかしたらその答えは物語の感じ方によって違うのかもしれません。

でも、その答えに行きつくために何度も何度も楽しみ、考えながら読む過程は必ず私たちを成長させてくれます。

・まとめ

ビジネス書っぽいタイトルと表紙から想像できないくらいテンポよくサクサクと読める著書なのですが、実際にちゃんと内容を理解するのには何度も読み込む必要があります。

でも、それが苦にならないくらいの時間で読めますし、なによりリチャードの学んだことはちゃんと使えば私達の人生を変えてくれます。

難しいビジネス書に読むのを諦めてしまった皆さんも、まずはここから始めてみませんか?

そして節目節目で何度も読み返し、ちゃんと人生を変えるために使っていきましょうね!